スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


気の利く人間

前記事のこんごうさんのコメントのタイトルにコメント返しが終了した時点で気づいた庭球です。

今更言う事ではない気もしますが私、物凄く気の利かない、小さな事に気がつけない人間なので周りの人の小さな気遣いを見逃しながら生きているんじゃないかと不安になりました;;

こんごうさん。パワスク在りし頃の会話なんて覚えててくれて有難うです(´・ω・`)ノ

さて、そんな私の近況。
母方の祖母が亡くなりました。
それに際し、普段は会わないような遠縁の親戚の方々も祖母の家に集まったのですが、自分の血筋が嫌になるような方、事が沢山ありました。
以下、死の儀式を一通り終えて感じた事を書き綴っていきます。

恐らく感情に任せた幼稚な愚痴が綴られる事になると思いますので気の向かれた方のみご覧ください。
そして宜しければその幼稚な戯言に一言二言頂きたく思います。

あ、その前に1つ^^;
仮通夜・通夜・葬式・火葬。
全てを通して涙はあまり見られませんでした。
私の見る限りでは在りし頃の祖母の写真がスクリーンに映し出された時に祖母の子3方が流されたものと、祖母の信仰している宗教団体の方が流したものくらい。

どこぞの剣客漫画で「人の価値はその人の死でどれだけの人が涙を流すかによって決まる」というような言葉が出てきて、それがとても心に残っていた私。

なので祖母のお葬式で涙の数が少ない事が良い事か悪い事か分からずに悶々していた時に祖父の兄弟の方が仰いました。

「80を越えた方のお葬式で見られる涙はもっと若い方のお葬式で見られるそれよりも数は少ないみたいです。
それはきっと幸せに生きて逝けたと思うからじゃないでしょうか。
それに本当はお葬式に涙なんていらないんじゃないかと思うんです。笑顔で送り出してあげるのが一番良いんじゃないかと。故人にとってもきっとそれが一番だと思います。
だから私は出来る限り涙は流さないようにしています。ただやっぱり若すぎる方の死の時はそう思っていても泣いてしまうんですがw」

私の疑問に対する答えとしては最初の2行で十分なのですが心に残ったので全て綴ってみました^^;

はい。では以下、幼稚な愚痴です。



祖父が信仰している宗教の関係で多数の人がお経を唱える少し特殊な葬儀だったのですが、それに紛れて雑談する方。
「何か厳粛って感じじゃないねぇ~」「ねぇ~」とか言ってるんじゃない。あんたらこそ少し弁えなさい。
何より故人が信仰している宗教に文句ともとれる発言をするのは非常識ではないか。

骨拾いの儀にて着信音を鳴らし何を思ったか通話し長々と話す方。
せめてマナーモードにしてなさい。
そして何故でるのですか。
「あーだこーだあーだ・・・」
「後でかけなおすって言って切ったらどうですか;;」
「あ、あとでかけなおす。え?あとで・・はい?あとでかけ・・・んん?あとで・・」
「もう切りなさいよ;;」
私が言うのも何ですが感じたままに言わせていただくと物凄く不愉快でした。

同儀にて遠縁にも関わらず1人で多量の御骨を拾われる方。
夫、子供に拾わせてあげなさい。それが当人も一番嬉しいだろうって考えないんでしょうか。
1人で少しずつ拾ってたら終わらないから早く終わらそうとしてるのか分かりませんが限度ってものがあるでしょう。
みんなが絶句する中「(故人の子)さんに拾わせてあげて」と涙ながらに言う人がいなかったらいつまで拾うつもりだったのか。
更に2週目で順番を抜かすとは何事か。

御骨を御墓に収める時に出しゃばってきた上に備えてある湯飲みを割って何も言わずに引っ込んだ人。
謝りなさい。
片付けなさい。
そして最後の締めの時になってまた出しゃばって「どらどらこれを・・・」って。
墓石を欠けさせたりしないかヒヤヒヤでしたわ、もう。
そしてどんだけ後ろから蹴ってやろうかと思ったか。


人の死は考える機会を与えてくれると言いますけれど、まさかこんな事ばかり考えるとは思いませんでした。
そして身内の死の儀式に参加しながらこんな事ばかりに目がいく自分も何か嫌。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ん~、私はネットでの交流はあれが初めてだったし、ピーマンザウルスはインパクトがあったので覚えていたのだと思います^^;
こちらこそそんなことでお礼をくださいましてありがとうございますm(_ _)m

小さな気遣いというのは、相手も気がつかないくらいの気遣いだと思いますので、気がつかないのが普通だと思いますよ。だから気にしないでも大丈夫だと思いますよ^^

それに私自身、現実では滅茶苦茶気の利かない人物ですし('A`)


お葬式というのはいろいろ人の本章が見えたりもしますからね…。そういう所に目が行くのは仕方がないことです。

母親が言っていたんですが、私の叔父がなくなった時に、お葬式で明らかに叔父の死を喜んでいる人がいたそうです。仕事がすごくできた叔父は、その人にとって目の上のこぶだったようで…叔父が死んだおかげでその人は出世することができたみたいです。

そういう人も世の中にはいます。そういう人はみんな「こういう大人になるなよ」という反面教師だと思えばいいんです。むしろそういう人がいるから、正しい行動をしている自分が評価されるわけで…これはこれで悪くないと思いますよ^^;
って滅茶苦茶計算高く腹黒い意見ですねorz

【2006/12/11 15:03】URL | 烈風 #ULcW3TDI[ 編集]

ピーマンザウルスw

さすが宮崎ですねぇ。
促成栽培が盛んなんでしたっけ?すいません、曖昧です。

受験生がこんなので良いのかな?


とりあえず、庭球さんのおじいさんの兄弟、
良いこと言いすぎ。私、涙腺弱いんで、それだけで、やばいです。


私の祖父の葬式のときは、
私の叔父さん(祖父の息子)が挨拶見たいなことをしていたんですが、
もう、その時点で、ボロボロ泣いていて、
こっちまで、泣きそうになりました。


私の祖父は、素直じゃないけど、
本当に私達、孫を可愛がってくれた、
凄く優しい方だったので、本当にやばかったです。


今思うと、かなり泣いている人がいました。


そんなことは置いといて、
とりあえず、庭球さんの方は凄いですね。

何かもう、聞いていて呆れちゃいます。
そういう大人にだけは、なりたくないですw

庭球さんも気を付けてくださいねw

【2006/12/11 23:06】URL | 邪龍 #WDEXNiQg[ 編集]

>こんごーさん
確かにあの頃はお互いにネットでの交流には慣れてなかったからこそ、あんなに些細な事でも心に残ってたのかもしれませんねぇ。

>小さな気遣い
それでも、そういう気遣いに気づける。そして自分も気遣いができるようになりたいもんです(´・ω・`)

>それに私自身、現実では滅茶苦茶気の利かない人物ですし
つ「邪龍さんにご飯奢った」

こんごーさんの叔父様のお葬式のエピソードも・・・なかなかハードですね^^;
まだ仕事で感じるストレスや出世のアレコレとこよく分かってませんが、そういった場くらいでは本心を隠して貰いたいものですね。
こんごうさんが言うように、そういった場だからこそ本心が出るのかもしれませんが。。。
ま、仰る通り。こういった話を自分自身の戒めにして精進していこう、と割り切るのが良さそうですね^^;




>邪龍さん
宮崎が促成栽培が盛んがどうかは知りません(マテ)が、マスコットキャラはピーマンザウルスですよw
公式なマスコットなのかは微妙ですが(未確認
私は割と涙は流れにくい方なのですが深く関わった人の死というのは無条件で涙が流れてしまうものですよね。
だからお婆ちゃんのお葬式で涙が流れなかった自分に対して嫌悪感に似たモノを感じていたのですがその叔父さんのお陰で救われました^^;
でもお葬式で泣く、という事はやっぱりどれだけその人に対する想いが強かったのか。という事になると思いますので邪龍さんの祖父様も救われたんじゃないでしょうか^^

私の身内は・・・世の中良い人もいれば悪い人もいるって事で割り切るしかなさそうです^^;;;
ただ身内にそういう人が多いっていうのは良い気持ちではありませんが。
そういう人達を戒めに気をつけたいと思います。

【2006/12/13 23:58】URL | 庭球 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://kokoronokotatu.blog45.fc2.com/tb.php/159-8ea1f060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。